【FAVORITE】モレスキン・ラヴァー

MOLESKINを使い始めました。愛用歴はまだ約2ヶ月。汚れにくくてミニマルなデザインのノートを探し求めた結果、落ち着いた場所がMOLESKIN。「クラシック ノートブック」方眼タイプのハードカバーを使っています。 MOLESKINユーザーといえば思い浮かぶのはゴッ…

ジェーン派のためのグッドガール・レッスン

9月になりました。 毎年、秋になると決まって意識してしまうのが『17歳の肖像』の頃のキャリー・マリガン。 ですが、今年はもう少しロマンチックに過ごしたいので、『プライドと偏見』のキティをアイコンにすることに決めました。 18世紀、女性に相続権がな…

秋に向けての鑑賞準備[音楽編]

カレンダーの日付が少しずつ9月に近づき、秋へのカウントダウンが始まったような気がします。秋には楽しみにしているプログラムが満載で、忘れないように手帳に書き留めるのに必死です。 とりわけ楽しみにしているコンサートや展示をピックアップして、ご紹…

フランス的ヴァカンスとは?《版画》

夏休み、みなさまいかがお過ごしでしょうか。 制作をお手伝いさせていただいている、「bis」Webサイトにて、ちょっとしたブックレビューをつくりました。https://bisweb.jp/column/4674 夏はサガンが読みたくなります。豪華なヴァカンスに出かけなくても、OT…

目には見えない大切なもの『マダム・キュリーと朝食を』

「東の都市」へと流れて来た猫と、震災の年に生まれた少女・雛の物語。目に見えないはずの“放射能”を、猫は「光」として、少女の祖母は「声」として受け止める。 時空を自在に行き来し、見えないものの存在を問いかけた長編小説。 この物語の一番のキーはき…

『シーモアさんと、大人のための人生入門』(2014・アメリカ)

Today is #WednesdayWatching *** 毎週水曜日は映画を観る日。 シーモアさんのレッスンは優しくて、温かい。 ピアノと一緒に、人生のいろいろなことを教わっているような気分になる。 『シーモアさんと、大人のための人生入門』(原題:Seymour: An Intro…

クラシック女子のクローゼット vol.3*VIVETTA

コンサートに出かけるときは、とびきりのお洒落をしていきたい。 だけど、コンサバティブなお洋服で済ませるのもつまらない。 そんな女の子のためのファッション・ガイドをつくってみました。 *** 今日紹介するのは、VIVETTAのお洋服。Roberto Cavalliで…

『エトワール』(2000年・フランス)

Today is #WednesdayWatching *** 毎週水曜日は映画を観る日。 オペラ座には偉大な歴史がある。美しききらびやかな舞台で、観るもの誰もを魅了するパリ・オペラ座バレエ。そんなオペラ座の裏で繰り広げられている闘いや葛藤、残酷なドラマを見つめたドキ…

献立には人生をかけて『やわらかなレタス』

ごはんを楽しめるひとは人生を楽しめるひとだと、どこかで聞いたことがあります。 「ごはんの描写を美味しそうに書ける作家の作品はハズレなし」という自論を持ってるのですが、江國香織さんも外せません。 『やわらかなレタス』(文藝春秋)には、食事にま…

今週のユートピア*2017.6.4〜6.10

生活の中にはお気に入りのものだけを置いて過ごしたい。 自分にとって心地のよいもの、美しいと思うものだけを集めた理想郷=ユートピアを作りたい。 そんな想いを込めて、今週に見つけたものやニュースのなかで、特にお気に入りのものを紹介します。 ***…

クラシック女子のクローゼット vol.2*Anna October

コンサートに出かけるときは、とびきりのお洒落をしていきたい。 だけど、コンサバティブなお洋服で済ませるのもつまらない。 そんな女の子のためのファッション・ガイドをつくってみました。 *** 今日紹介するのはAnna Octoberのお洋服です。 Anna Octob…

『ラヴェンダーの咲く庭で』(2004年・イギリス)

Today is #WednesdayWatching *** 毎週水曜日は映画を観る日。 人との出会いは、優しく、ときに残酷なものだ。 1936年、イギリスのコーンウォール。初老の姉妹・アーシュラとジャネットはある日浜辺で若い男性・アンドレアが倒れているのを発見する。怪我…

愛おしき、不気味な世界 『居心地の悪い部屋』

ホラーでもサスペンスでもなく、ファンタジーでもない。ミステリともちょっと違う。 描かれているのはごく普通の日常のはずなのに、読み終わったあとにひんやりとした後味の悪さが残る……。『居心地の悪い部屋』(岸本佐知子・編訳/角川書店)は、そんな短編…

「ばらの騎士」鑑賞のためのアジェンダ

ロココ時代の絵画から飛び出したようなステージ、衣装、貴族たち。 どこまでも煌びやかな音楽。 世紀の人気作、R.シュトラウス「ばらの騎士」を超えるロマンティック・オペラなんてないんじゃないかと、この作品を観るたびに真剣に思う。 舞台は18世紀中頃*1…

今週のユートピア*2017.5.28〜6.3

生活の中にはお気に入りのものだけを置いて過ごしたい。自分にとって心地のよいもの、美しいと思うものだけを集めた理想郷=ユートピアを作りたい。 そんな想いを込めて、今週に見つけたものやニュースのなかで、特にお気に入りのものを紹介します。 ▪︎ユー…

クラシック女子のクローゼット vol.1*Sister Jane

コンサートに出かけるときは、とびきりのお洒落をしていきたい。 だけど、コンサバティブなお洋服で済ませるのもつまらない。 そんな女の子のためのファッション・ガイドをつくってみました。 *** 今日はSister Janeのお洋服。 ヴィンテージにインスパイ…

『靴に恋する人魚』(2005年・台湾)

Today is #WednesdayWatching ***毎週水曜日は映画を観る日。 ヒールの靴を履く勇気を与えてくれたのは、ビビアン・スー主演のこの映画がきっかけ。 「良い靴は素敵な場所に連れていってくれる」という、イタリアの有名な諺がありますが、映画『靴に恋す…

心のつぶつぶを癒すエッセイ。『つぼみ茸ムース』

2017年も上半期が終わろうとしていますが、年始に出会った森博嗣さんのエッセイ『つぼみ茸(きのこ)ムース』(講談社)は、もうすでに今年のベスト・ブック・リストに入れようと思っています。 本著は森さんの「100のつぶやき」をテーマに、1テーマあたり2…

レースに寄り添う音楽

レースって、女の子みんな大好きなのではないかなと思います。 真っ白で無機質なお洋服でも、レースが付いているとなぜか嬉しくなるし、ガーリーなのにどこかエレガント。子どものときからおばあちゃんになっても身につけていたい、特別な存在です。 見かけ…