『ラヴェンダーの咲く庭で』(2004年・イギリス)

 

 

f:id:maoitoh:20170607230151j:plain

Today is #WednesdayWatching

***

毎週水曜日は映画を観る日。

 

人との出会いは、優しく、ときに残酷なものだ。

1936年、イギリスのコーンウォール。初老の姉妹・アーシュラとジャネットはある日浜辺で若い男性・アンドレアが倒れているのを発見する。怪我が治るまでのあいだ、アンドレアの世話を続けていたある日、ふとしたきっかけで彼が才能溢れるヴァイオリニストだということがわかる。

ネグリジェのまま浜辺で無邪気に戯れる姉妹が、なんともガーリーな印象で始まるこの映画。 姉妹を演じるジュディ・デンチマギー・スミスの、年齢を忘れさせるような天真爛漫な表情がとにかく終始キュートなのだ。

編み物をたしなみ、庭いじりを楽しみ、気まぐれに音楽やピアノに触れて時間を潰す…。 アンドレアに特別な想いを抱いた女性は、どんどん思春期の女の子に戻っていく。
姉妹の「少女らしさ」に、胸が苦しくなる。

そして、ジョシュア・ベルのヴァイオリンの美しいこと! 彼の詩的かつ情熱的な演奏が、映画のカラーとマッチして、なんとも言えない切なさを覚えてしまう。
タイトルは、『ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー』。

 

 

ラヴェンダーの季節に現れた青年は、わずかな時間だけ街の人々、そして姉妹にすこしだけ広い世界を教えてくれた。
人との出会いって、ファンタジーみたいなものだ、と思った。

  

Romance of the Violin

Romance of the Violin